Allianz

アリアンツは Google Maps API を使って、サポートが必要な顧客にリアルタイムでサービス提供業者を派遣し、作業状況を追跡しています。

12 万件以上
Google マップ ベースのツールを利用したロード アシスタンス サービスの年間件数
150 人以上
このツールに移行を果たした従業員数
前の
事例
次の
事例
「Google Maps API を選んだのは、その親しみやすさ、信頼性、正確性、柔軟性、継続的なイノベーションです。他のデータ プロバイダとの関係も考慮すれば、当然の結果でした。Google Maps API は当社のすべての要件を満たし、実質的に無制限の統合機能をもたらしてくれました。」

{[ctrl.removeAuthorCompany("Dean Peck 氏 - ビジネス ソリューション上級アナリスト兼プロジェクト マネージャー")]}, アリアンツ・グローバルアシスタンス(オーストラリア、ニュージーランド)

課題

アリアンツは MIDAS と呼ばれるシステムに数千ものサービス提供業者の情報を保存し、提供業者を正確な場所に派遣し、作業の進捗状況を追跡しています。MIDAS には最新のマッピング データが組み込まれていたものの、ロード アシスタンスの迅速な対応を可能にする機能がありませんでした。

ソリューション

アリアンツは、いくつかの候補を検討した結果、その親しみやすさ、信頼性、正確性、継続的なイノベーション、他のデータ プロバイダとの関係を決め手として、Google Maps API を選びました。新しいインターフェースでは、従業員が会員の現在地と最寄りのサービス提供業者を簡単に特定できます。また、データレイヤを追加することで具体的な住所、提供可能なサービス、現地までの距離と移動時間、付近の交通情報をすばやく把握できます。さらに、ストリートビューで事故現場の正確な場所を把握して、お客様を一層安心させることができます。

特長

  • 視覚情報に基づくリアルタイムの業者派遣と状況追跡に加え、カスタマー サービスと顧客とサービス提供業者間のリアルタイムのコミュニケーションも実現
  • データ精度の向上により、都市部と遠隔地の両方でサービスが充実
  • サービスの提供を迅速化
Infoxchange: Google マップ掲載の電話番号

使用した API

数百に上るアプリやサイトが Google Maps API を使って、優れたマッピング プラットフォームを有効活用しています。アリアンツが社内サイトの開発に利用した一連の API をご確認ください。

 

Google Maps Geolocation API

サービス提供業者のリアルタイムの派遣と作業状況の追跡を実現

 

Google Places API ウェブサービス

サービス提供業者の最適な対応地域を表示

 

Google Maps Distance Matrix API

事故現場までの距離と移動時間を正確に算出

 

Google Maps Embed API

コールセンター システムとの統合で機能を強化

 

Google Street View Image API

ストリートビューで事故現場の場所を簡単に特定

お困りの場合

カスタム ソリューション、法人向け料金やプラン、一般的なご質問については、Google Maps API の営業チームにお問い合わせください。