Charity: Water

Charity: Water の目標は、各コミュニティのニーズを把握しているグローバル パートナーに資金援助して、きれいな飲み水を世界のすべての人に提供することです。

20,000 件
地図で確認できる、資金援助を受けた飲料水プロジェクトの数
24 か国
掲載されている国の数
前の
事例
次の
事例
「数百万人の人々にきれいな飲料水を提供するだけでなく、寄付金の成果に関する非常に透明性の高い情報を提供して、慈善活動のあり方を変えようとしています。」

{[ctrl.removeAuthorCompany("Alessandra Mosenifar 氏 - シニア プロダクト デザイナー")]}, Charity: Water

課題

飲料水プロジェクトに透明性を持たせ、情報を開示することで、協力者、関係者、関心を持つユーザーに、資金援助の対象とその成果を示せるようにします。

ソリューション

Charity: Water は、協力者の方に寄付金の流れを正確に示すことができる新しい方法を構築しました。作成されたわかりやすい地図には、完了した何千もの飲料水プロジェクトが 1 つずつアイコンで示され、詳細情報を視覚的に確認できます。また、センサーで 1 時間あたりの水量が測定されており(毎週送信)、給水所の不具合や日単位または年単位の使用パターンを把握できます。1 日あたりの水の平均供給量など、プロジェクトの状況や詳細を誰でも確認できるようになっています。

特長

  • 協力者は寄付金の流れと用途を正確に確認できるため、寄付金の成果に関する非常に透明性の高い情報を表示できます
  • 継続的に飲料水プロジェクトの状況を確認し、Charity: Water ウェブサイトを通してレポートを提供します
Infoxchange: Google マップ掲載の電話番号

使用した API

Google Maps API は、数百に上るアプリやサイトに使用され、優れたマッピング プラットフォームを提供しています。Charity: Water がウェブサイトの開発に利用した一連の API をご確認ください。

 

Google Maps Geocoding API

各プロジェクトの地域や村の名前を確認

 

Google Maps Javascript API

各種ウェブページに完了したプロジェクトと進行中のプロジェクトを表示

お困りの場合

カスタム ソリューション、法人向け料金やプラン、一般的なご質問については、Google Maps API の営業チームにお問い合わせください。