Fleetminder

Fleetminder が開発した独自のマッピング ソリューションで、顧客は車両の位置を確認できるようになりました。

50%
Google マップ ベースの車両管理ソリューションによる非効率的な車両の削減率
25%
従業員の残業時間の削減率
20%
誤送件数の削減率
前の
事例
次の
事例
「広く知られている Google マップの画面を使って、Fleetminder システムは簡単に操作できるようになり、顧客が従業員にトレーニングを課す必要がなくなりました。Fleetminder は、Street View API と Geocoding API の機能を使って、独自のウェブベースのダッシュボードとシステムを構築しました。これにより、最先端の企業としての地位を確立し、資産追跡に関する競争の激しい車両管理市場で優位に立つことができました。」

{[ctrl.removeAuthorCompany("Mohit Khanna 氏 - 最高情報責任者兼共同創設者")]}, Fleetminder

課題

Fleetminder は、Fleetminder GPS 端末を使うすべての車両の位置を簡単かつ直感的に視覚化する方法を探していました。配車担当者はすべての車両の位置を表示して、経路に使われる道路など、車両の実際の周辺環境を確認する必要がありました。車両管理者は、車両から送信されるデータに基づいてリアルタイムで運転経路を更新し、効率を高めたいと考えていました。また、GPS を使ってまもなく整備が必要となる車両の位置を特定し、整備工場に近づくタイミングに合わせて整備をスケジュールする方法も探していました。

ソリューション

Fleetminder は、車両の位置をリアルタイムで視覚化し、生成される使いやすいレポートで状態を確認できる、ウェブベースのダッシュボードとソリューションを開発しました。配車担当者と車両管理者はこのプラットフォームを使用して、シンプルで直観的な操作ですべての車両の現在地、速度、各種の車両属性を監視し、最新情報が含まれるレポートを作成できます。複数の配送物を扱う配車担当者は、このシステムを使って、最も速い効率的な経路を選択でき、時間と燃料費を節約できます。さらに、システムには、以前に走行した経路に関する履歴情報など、各車両を確認するための高機能なツールが含まれます。また、Fleetminder ハードウェアによって運転属性が追跡され、車両の所有者は、ブレーキの癖や走行距離、タイヤ空気圧などの要素に基づいて、車両の整備が必要かどうかを判断できます。

特長

  • ドライバーの運転時間を減らし、従業員の残業時間を 25% 削減しました
  • 顧客は運転の癖に関する詳細を追跡したことで、非効率的な運転を 50% 削減しました
  • 運送会社は誤送件数を 20% 削減できるようになりました
Infoxchange: Google マップ掲載の電話番号

使用した API

数百万ものアプリやサイトが Google Maps API を利用して、優れたマッピング プラットフォームを有効活用しています。Fleetminder がウェブサイトの開発に利用した一連の API をご確認ください。

 

Google Maps Geocoding API

各 GPS ping の座標を正確な住所に変換

 

Google Street View Image API

すべての車両の所在地の高画質な 360º 画像を表示

お困りの場合

カスタム ソリューション、法人向け料金やプラン、一般的なご質問については、Google Maps API の営業チームにお問い合わせください。