福岡県

都市計画の検討に必要な情報提供のために「都市構造可視化計画」というサイトを開設しました。

3D
都市の動きを3Dグラフ化し、一目で把握できる
前の
事例
次の
事例
「Google Maps と Google Earth で統計データと地図を一体化し、3D 表示まで実現できます。統計情報と地図情報、ストリートビューまでを一体のものとして、だれでも自由に見ることができる、これは凄いことだと思いました。」

{[ctrl.removeAuthorCompany("赤星 健太郎氏 建築都市部都市計画課 課長")]}, 福岡県

課題

「福岡県都市計画基本方針」が12年ぶり改訂されることになった。街づくりにおいて、国勢調査や商業統計といった統計データが必須となるが、数字の羅列でわかりにくい。そこで、これらのデータを地図上にグラフ化するなど視覚化することで、地域の状況を俯瞰し、誰もが納得しやすくなるようなツールができないかと考えた。

ソリューション

いろいろな地図情報を検討した結果、Google Maps APIs と Google Earth で統計データと地図を一体化し、3D 表示まで実現できることが判明。統計情報と地図情報、ストリートビューまでを一体のものとした。だれでも自由に見ることができ、しかもネット環境でサクサク動き、低価格で実現することができた。

特長

  • 重く高価な GIS の代わりにシンプルなビューアを実現
  • 地域の状況や経年変化が一目でわかる
  • 統計データへの興味が GIS の裾野拡大に
Infoxchange: Google マップ掲載の電話番号

使用した API

多数の企業向けアプリケーションやウェブサイトで Google Maps API が活用されています。福岡県はビジネス上の課題解決のために、以下の API を利用しています。

 

Google Maps Javascript API

街づくりの検討に必要な情報を地図の上に表示

 

Google Places API JavaScript ライブラリ

住所情報を補完

お困りの場合

カスタム ソリューション、法人向け料金やプラン、一般的なご質問については、Google Maps API の営業チームにお問い合わせください。