GreatSchools

GreatSchools は、子どもにぴったりの学校を探す保護者をサポートし、教育支援団体が教育改革のニーズを把握するためのツールを提供しています。

4,000 万人
GreatSchools ウェブサイトの年間利用者数
27 万校
GreatSchools ウェブサイトに情報が掲載されている公立学校と私立学校の数
前の
事例
次の
事例
「Google マップのおかげで、保護者は子どもに合った学校を簡単に探すことができます。また、保護者や権利擁護団体は学校に関する情報を手に入れて、教育の改革と機会均等を推し進めることができます。」

{[ctrl.removeAuthorCompany("Carrie Goux 氏 - コミュニケーション担当部長")]}, GreatSchools

課題

GreatSchools は子どもの教育機会の改善を支援する全国規模の非営利団体です。連邦、州、地方の政府機関のほか、保護者や生徒、教師から収集した学校の質に関する情報を提供していますが、保護者が所在地で学校を検索し、必要な情報を収集して比較できるようにしたいと考えていました。

ソリューション

GreatSchools ウェブサイトで検索して見つかった学校の所在地を Google Maps Geocoding API によって特定し、Google Maps JavaScript API によって地図上にピン表示します。保護者は各学校について、テストの成績、生徒と教師の比率、多様性に関する情報など、さまざまなデータを参照できます。ウェブサイトには管轄区域も表示されるので、特定の地域の学校だけをリサーチすることもできます。権利擁護団体はこのサイトを使用して、教育機会の不均等に関する問題を明らかにし、機会の均等化に向けた活動を行います。ラテン系の住民が多いカリフォルニアのレッドウッドシティに暮らす保護者たちは、近隣の学校が自分たちの学校よりもよい成績を収めていることをサイトで見つけ、教育委員会と連携して、コミュニティに合った教育が受けられるチャーター スクールを設立しました。

特長

  • 米国の保護者の半数近くが GreatSchools.org で学校の成績や保護者による評価を参照して、子どもに合った学校選びに役立てています。
  • 国や地域の権利擁護団体はこのサイトを使用して、さまざまな面での教育機会の不均等を明らかにし、すべての子どもがよりよい教育を受けられるよう支援しています。
  • 保護者は転居先での学校選びに GreatSchools.org を利用しています。
Infoxchange: Google マップ掲載の電話番号

使用した API

Google Maps API は何百万ものアプリやサイトで使用され、優れたマッピング プラットフォームを提供しています。GreatSchools がウェブサイトの作成に利用した API をご確認ください。

 

Google Maps Javascript API

GreatSchools ウェブサイトに学校の所在地を表示

 

Google Maps Geocoding API

学校の所在地を特定して GreatSchools ウェブサイトにピン表示

お困りの場合

カスタム ソリューション、法人向け料金やプラン、一般的なご質問については、Google Maps API の営業チームにお問い合わせください。