NTT Docomo

NTT Docomo は、Google Maps API を採用したことで、コストを削減し、開発効率を改善しました。

4 か月
Google マップ ベースのシステム開発完了までの期間
2/3
短縮された開発期間
90%
地図データ作成に必要なコストの削減割合
前の
事例
次の
事例
「大量のデータを格納した地図データシステムを構築するには、基本機能の追加だけでもほぼ 6 か月かかります。今回のように、新規に構築し直す場合は少なくとも 1 年必要です。Google Maps API を利用した最大の利点の一つは、この開発期間をほぼ 3 分の 2 に短縮できたことです。」

{[ctrl.removeAuthorCompany("Yoshiaki Uehara 氏 - ネットワーク情報システム担当主査")]}, NTT Docomo

課題

地域子会社を合併した NTT Docomo は、地形や標高データ、航空写真などを収録した高精度な社内用地図と道路地図を作成することを決めました。日本全土を対象としていたため、社内用地図データの作成には多額の資金が割り当てられ、作成のために 2 年間が費やされました。膨大なデータの作成、運用、更新のために、多くの費用と時間が費やされました。

ソリューション

2011 年に発生した大震災の後、開発チームは経営陣からの指示を受けて、急きょシステムの効率化とコスト削減に取り組むことになりました。11 月に始まった開発は、翌月までに完了しました。開発プロジェクトの開始から 4 か月が経過した 2012 年 3 月上旬、全域の情報管理システムが Google Maps API への移行を完了しました。開発期間はほぼ 3 分の 2 に短縮されました。Google Maps API の導入により、NTT Docomo は地図データの作成に必要なコストを少なくとも 90% 削減し、開発効率を上げることができました。さらに、ストリートビューを追加するなど、地域情報システムも強化されました。

特長

  • システムのユーザビリティが向上しました
  • Google Maps API により情報システムの拡張性が向上し、複数の場所にまたがるデータを利用することができます
  • 地図データが常に最新に保たれているため、特別な開発費用をかけることなく、最新の情報をユーザーに提供できます

使用した API

Google Maps API は、数百に上るアプリやサイトに使用され、優れたマッピング プラットフォームを提供しています。NTT Docomo がアプリの開発に利用した一連の API をご確認ください。

 

Google Maps Javascript API

地図を作成してカスタマイズし、システムに統合

 

Google Static Maps API

情報システムに Google マップを埋め込む

 

Google Street View Image API

インフラの場所を 360° から表示

お困りの場合

カスタム ソリューション、法人向け料金やプラン、一般的なご質問については、Google Maps API の営業チームにお問い合わせください。