The Walt Disney Company

「くまのプーさん」の 3 次元サイトでは、プーさんの家などのさまざまな場所をすべて、ストリートビューの 360° パノラマ画像で見て回ることができます。

1,000 個以上
ストリートビュー ベースのウェブサイトで利用可能なアセット数
360°
ディズニー コンテンツの 360° 画像
前の
事例
次の
事例
「家庭の中で「100 エーカーの森」がどのように利用されるのか今後が楽しみです。現代に合わせたまったく新しいやり方で、過去 90 年間と同じように、さまざまなキャラクターと多くの楽しい時間を過ごしていただければ幸いです。」

{[ctrl.removeAuthorCompany("Anna Hill 氏 - 最高マーケティング責任者")]}, The Walt Disney Company, UK & Ireland

課題

ディズニーは「くまのプーさん」の 90 周年を記念して、親子で、この古典的なキャラクターと親しめるサイトを作りたいと考えました。ディスニーの調査によれば、育児中の母親は子育てに役立つアドバイスやツール、新しいコンテンツをインターネットでとても積極的に検索しています。そこでディズニーは、初めて育児をする母親や、初めて育児をする親から高い評価を得ている育児ブロガーたちとの接点を持ちたいと考えました。

ソリューション

ディズニー UK は Spitfire Studio と連携してサイトの設計と開発にあたり、従来のパソコンに加えてタブレットでも最適な環境で使えるサイトを目指しました。サイトを継続的に進化させることが見込まれたため、既存の地図に新たな場所やコンテンツを徐々に追加していく作業が簡単でシームレスにできるように考えてサイトが設計されました。サイトのメインのインターフェースは「100 エーカーの森」の地図。その中でさまざまなキャラクターに出会うことができます。この地図は Google マップの他の地図と同様に、自分で操作してズームしたり、視点を移して表示したりできます。

特長

  • カスタマイズされた画像で、自分が本当にくまのプーさんの世界にいるように感じることができる(プーさんの家やイーヨーのフィールドといった場所をカスタマイズされたピンで地図上に表示)
  • ストリートビューでいろいろな場所を移動して見て回り、対象物をクリックしてアドバイスをもらったりゲームや動画を楽しんだりできる
  • ユーザーの所在地に合わせてサイトがカスタマイズされるため、嵐の午後には雨の日に適した遊びなど、関連性の高いアクティビティが提案される
Infoxchange: Google マップ掲載の電話番号

使用した API

数百に上るアプリやサイトが Google Maps API を使って、優れたマッピング プラットフォームを有効活用しています。ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーが「100 エーカーの森」サイトの開発に利用した一連の API をご確認ください。

 

Google Maps Javascript API

操作、ズーム、視点移動

 

Google Street View Image API

ストリートビューに移動

 

Google Maps Geolocation API

ユーザーの所在地の天気を反映

お困りの場合

カスタム ソリューション、法人向け料金やプラン、一般的なご質問については、Google Maps API の営業チームにお問い合わせください。