UniCredit

UniCredit は位置情報ベースのマッピング機能をウェブサイトに導入して、顧客が簡単に最寄りの支店を探せるようにし、同時に売上目標の達成につなげました。

9,000 か所
Google マップに登録されている支店の数
22 か国
対応している国の数
前の
事例
次の
事例
「位置情報検索は、単なる顧客向けのサービスではなく、金融サービスを宣伝したり、特定期間中に宣伝したい商品を紹介したりするツールとしても利用できます。」

{[ctrl.removeAuthorCompany("Alessandro Appodio 氏 - グローバル オンラインおよびモバイル バンキング担当オンライン集客スペシャリスト")]}, UniCredit

課題

UniCredit は、顧客が最寄りの支店を簡単に探せるようにするサービスや、ユーザーに銀行の商品やサービスに関する情報を提供できるツールなど、位置情報を活用した機能をウェブサイトに導入しようとしていました。さらに、さまざまな事業所のコンサルタント担当者と顧客を結び付ける機能も検討していました。こうしたサービスをすべてモバイル端末から利用できるようにすることが最低限の要件でした。

ソリューション

UniCredit は、Google マップの位置情報検索を導入しました。顧客が住所を入力すると、最寄りの支店、ATM、ビジネス センター、事業所、最寄りのすべてのプライベート バンキング支店が、各拠点までの最速ルートの計算ツールとともにサイトに表示されます。位置情報検索は、UniCredit のモバイル バンキング アプリに統合されているため、さまざまな端末でツールを使用できます。このアプリは、プライベート バンキングとコーポレート バンキングで同じサービスを提供でき、PC とモバイル端末に対応しています。

特長

  • PC とモバイル端末ユーザー向けに、銀行の所在地とサービス情報を地図に表示する位置情報システムを実装しました
  • 顧客が支店の担当者との相談の予約を入れるシステムを統合するとともに、金融サービスも紹介できるようにしました
Infoxchange: Google マップ掲載の電話番号

使用した API

Google Maps API は、数百に上るアプリやサイトに使用され、優れたマッピング プラットフォームを提供しています。UniCredit がディーラー検索ツールの開発に利用した一連の API をご確認ください。

 

Google Maps Directions API

乗換案内を表示

 

Google Maps Distance Matrix API

サービス所在地までの距離を特定

 

Google Places API ウェブサービス

ユーザーの現在地に基づいて特定の位置情報とサービスを表示

お困りの場合

カスタム ソリューション、法人向け料金やプラン、一般的なご質問については、Google Maps API の営業チームにお問い合わせください。