Vodafone

SmartFeasibility の導入により、Vodafone は手作業で行っていた実現可能性試験を Google マップによる自動処理に移行しました。

15 倍
Google マップ ベースのウェブアプリを活用したことで増加した容量
2 日間
ソリューション導入前には 5 日間だった作業時間の短縮後の日数
400 以上
1 日あたりの新規顧客数
前の
事例
次の
事例
「Vodafone はこれまで、実現可能性調査のたびに現地に赴いて、時間と労力を要する作業を実施していました。実現可能性調査には遅れが発生することが多く、対応可能な顧客数を制限していました。」

{[ctrl.removeAuthorCompany("Rajneesh Asthana 氏 - IT プランニングおよびデリバリ")]}, Vodafone India

課題

Vodafone India は、ネットワーク容量とサービス範囲の判断のために、多くの労力が必要となる手動による作業を行っていました。現場作業員が個々の顧客の場所に訪問して、実現可能性調査を実施していました。こうした実現可能性調査は、顧客の場所におけるインフラに基づいて、接続やサービスを提供できるかどうかを判断することが目的です。IT チームのメンバー、エンドユーザー、現場作業員は全員、測定を自動化する新しいソリューションの導入が必要であることを認識していました。必要としていたのは、使用と維持が簡単なテクノロジーでした。

ソリューション

Vodafone は、Lepton Software(位置情報ベースの分析ソリューションを提供する世界大手)と提携して、手作業の実現可能性試験を自動処理に移行するソリューション SmartFeasibility を導入しました。このソリューションには、Google の地理情報プラットフォーム ソリューションが全面的に使用され、地図、道路、経路などの世界クラスのテクノロジーを活用できます。この新しいソリューションを導入したことで、Vodafone India は測定値を手作業で計算する現場作業員を不要にしました。ユーザーは Google マップを使って、顧客の住所を検索したり、Vodafone から顧客の場所までの距離を計算したり、建物データ(高さなど)を調査したりできます。現場作業員がデータを収集する従来のシステムは、信頼性が高くありませんでした。Vodafone India チームは、Google Maps API による測定は正確であり、信頼性が高いと認識しています。

特長

  • 従業員は SmartFeasibility を使うことで、データが手作業で収集されるのを待たずに、いつでもすばやくデータにアクセスできるようになりました
  • 現場作業員は実現可能性を正確に判断し、より多くの顧客ビジネスを獲得して、コンバージョン率を高めることができました
  • ボタンをクリックするだけで簡単に住所を取得できるようになりました。Vodafone India チームは、データベースに登録されている実現可能性を検索でき、発生した問題について調べたり、過去の対応を参照する必要がある場合に、必要な情報をすばやく取得できます

使用した API

数百万ものアプリやサイトが Google Maps API を利用して、優れたマッピング プラットフォームを有効活用しています。Vodafone がウェブサイトの開発に利用した一連の API をご確認ください。

 

Google Maps Directions API

顧客の住所を特定して検索

 

Google Maps Geocoding API

実現可能性試験をリモートで実施

 

Google Maps Roads API

リモートで測定値を計算

 

Google Maps Javascript API

リモートで測定値を計算

お困りの場合

カスタム ソリューション、法人向け料金やプラン、一般的なご質問については、Google Maps API の営業チームにお問い合わせください。