対話型のデモ

スタッフの追跡や配置、迅速で効率的な状況対応、顧客への最新情報の発信を実現する、具体的な方法をご確認ください。以下のデモを選択すると、Google マップでの実際の操作をご体験いただけます。

行政機関や各種事業のデータを Google マップと組み合わせると、次のようなことができます。
  • 危機管理の改善

    状況認識の向上

    緊急情報を地図上に表示して、重要な業務を行う際の意思決定をサポートします。

    状況図の改善

    さまざまな機関からのデータを単一の地図にまとめて表示し、すべての緊急対応チームとそのデータを共有することができます。

    データを簡単に操作

    誰でも簡単に操作/使用することができる使い慣れたツールを使用して、GIS データを表示、編集、共有することができます。
  • 公衆安全の強化

    業務の調整

    1 つの共有地図にデータを組み合わせることで、意思決定が迅速化し、警察官の安全性確保にも役立ちます。また、資産とリソースの調整も行いやすくなります。

    犯罪の分析

    戦術的データ、戦略的データ、管理データを表示して傾向を視覚的に分析し、警備に関する合理的な戦略を展開することができます。

    リソースの最適化

    現在地の共有機能と割り当てツールを使用して、他の緊急対応を行う機関とリソースの効率性、協調性を向上させます。
  • 公共事業の効率化

    迅速な意思決定

    さまざまな公共機関の事業データを 1 つの地図に組み合わせることで使いやすさが向上し、意思決定を迅速化できます。

    リソースの最適化

    現在地の共有機能と割り当てツールを使用して、事業者のリソースを効率的に調整できます。

    市民サービスの向上

    位置情報ベースのマッピング データをオンラインで公開することにより、誰でもデータにアクセスできるようになり、市民サービスを向上させることができます。
  • 公衆衛生の管理

    業務の調整

    管轄区内のさまざまな機関のデータを 1 つの地図に組み合わせることでリソースを視覚化し、迅速な意思決定を可能にします。

    リソースの最適化

    直感的な現在地の共有機能と割り当てツールを使用して、保険医療機関とリソースの効率性、協調性を向上させることができます。

    トレーニングの削減

    使い慣れたインターフェースで GIS データを表示、編集、共有することにより、保険医療機関は公衆衛生上の問題に準備、対応できるようになります。
Google マップ上でのデータ表示

オフィスにいても現場にいても、社内の地理空間データにアクセスできるようになります。データは Google のクラウドに安全に保管されるため、いつでも地図にアクセスして、どこからでも共同作業を行うことができます。

(レイヤ上にカーソルを合わせてください)

 

資産

緊急車両や救急隊員などの資産を 1 か所にまとめて表示します。

 

画像

緊急事態、環境変化、都市計画などの独自画像を追加できます。

 

データ

国勢調査データ、犯罪統計、事故報告書などの独自データを地図上に表示し、分析します。

 

サードパーティのデータ

気象情報、交通情報、緊急情報などのサードパーティ データを活用できます。

 

Google Maps

Google マップを使って意思決定のプロセスと業績の改善を図る方法について詳しくは、Google のセールス コンサルタントにお問い合わせください。

お問い合わせ プランを見る