顧客の属性や地域に関するデータを Google マップと組み合わせると、次のようなことができます。
  • 契約査定の改善

    正確な見積りの作成

    特定地域の顧客の人口統計をモデル化/視覚化することにより、より精度の高いポリシーおよび見積りを作成できます。

    リスクのモデル化

    将来的なリスクを評価するために、状況をシミュレートしたり視覚化したりできます。
  • 効率的な請求処理

    請求処理の改善

    1 つのモデルをお使いになるだけで、すべての関連情報を収集して担当スタッフと共有することができます。

    顧客満足度の向上

    各チームは担当地域に関する情報にアクセスできるため、顧客により細やかなサービスを提供することができます。
  • 効率的な販売・マーケティング

    マーケティングの対象を絞る

    人口統計と顧客行動を地理別に分析できるため、より対象を絞り込んだ関連性の高い商品を提供することができます。

    営業担当地域を地図上に表示

    地図上に担当地域を表示することで、営業業績に対する可視性を向上させることができます。
  • インシデント管理の改善

    意思決定の向上

    より高い精度の損失情報を得るために、改善されたモデリングと地理データを活用してインシデントの影響を表示、査定することができます。

    インシデント管理の改善

    情報を簡単に追跡して請求担当チームと共有したり、最寄りのチームを配置 / 派遣して代理人を配備したりすることができます。

    事故の再現

    改善された 3D / 2D モデリングを活用して全体または一部が遮断されたビューを作成し、最近の事故を再現することができます。
Google マップ上でのデータ表示

オフィスにいても現場にいても、社内の地理空間データにアクセスできるようになります。データは Google のクラウドに安全に保管されるため、いつでも地図にアクセスして、どこからでも共同作業を行うことができます。

(レイヤ上にカーソルを合わせてください)

 

資産

顧客、マーケティング地域、現場チームからのアップデート情報を一か所に表示します。

 

画像

氾濫原や請求の写真などの独自画像を表示できます。

 

データ

独自のデータを収集して地図上に表示し、歴史的分析を行ってリスク モデルを改善します。

 

サードパーティのデータ

地方自治体の画像やリスクデータなどのサードパーティ データを活用できます。

 

Google Maps

Google マップを使って意思決定のプロセスと業績の改善を図る方法について詳しくは、Google のセールス コンサルタントにお問い合わせください。

お問い合わせ プランを見る