Google マップと業務データを組み合わせると、
次のようなことができます。
  • パイプラインの管理

    流量の監視

    統一された運用モデルを使用してすべてのパイプライン流量を監視することで、担当者は現在や将来の状況に備えることができます。

    リアルタイムの最新情報

    最新情報をリアルタイムで確認できるので、現場のスタッフやオペレーターはより迅速に意思決定を行ったり対応したりすることができます。

    社内でデータを共有

    パイプライン データを実際の場所に簡単にリンクし、現場のスタッフとタスク情報を共有します。
  • メンテナンスと修理

    メンテナンス チームの編成

    特定のチームやメンテナンス場所を識別することで、人員や資産に関する情報を監視、追跡できます。

    修理業務を効率化

    一元化されたデータベースを使用してプロセスを合理化し、現場のスタッフにタスクを効率的に割り当てることができます。
  • 工事

    今後のプロジェクトを管理

    モデリングを活用し、プロジェクト管理の改善、所要時間の短縮、コストの削減を行うことができます。

    監視性能の向上

    統合されたシステムで工事を監視し、応答時間の短縮、リスクの軽減、コストの削減を実現します。

    現場の分析

    最適な工事現場を選定することで、今後のプロジェクトの迅速化とコスト削減が可能になります。
  • 規制遵守

    政府機関の要件を遵守

    環境政策を理解することで、主要担当者は政府機関と良好な関係を維持できます。

    モデリングの改良

    新しい掘削現場の道路用地を特定したり、政策変更をシミュレートしたりして、将来的な生産性を向上させます。

    データの共有

    リアルタイムの重要情報を会社全体に共有し、生産性と認知度を向上させます。
Google マップ上でのデータ表示

オフィスにいても現場にいても、社内の地理空間データにアクセスできるようになります。データは Google のクラウドに安全に保管されるため、いつでも地図にアクセスして、どこからでも共同作業を行うことができます。

(レイヤ上にカーソルを合わせてください)

 

資産

パイプライン、送電線、不動産の場所、モバイル チームなどの資産を 1 か所にまとめて表示します。

 

画像

航空写真、地形、地質など独自の画像を追加できます。

 

データ

流量や地震などに関するデータを地図に表示します。

 

サードパーティのデータ

地形や地勢などのサードパーティ データを活用できます。

 

Google Maps

Google マップを使って意思決定のプロセスと業績の改善を図る方法について詳しくは、Google のセールス コンサルタントにお問い合わせください。

お問い合わせ プランを見る