Google マップと顧客データ / 不動産データを組み合わせると、
次のようなことができます。
  • 経済の発展

    地域社会の改善

    各地域社会の特性を識別し、理解することにより、強力な経済基盤を創り出します。

    可能性の分析

    周辺地域の傾向や市場価値を把握できるため、新規顧客や既存顧客も物件が見つけやすくなります。
  • 販売・マーケティング

    顧客行動の追跡

    顧客に効果的にアプローチできている場所や方法を示す土地購入パターンを把握します。

    マーケティング キャンペーンの改善

    重要顧客の分布を視覚化し、位置情報データに基づいてマーケティング·キャンペーンをカスタマイズします。

    顧客満足度の向上

    周辺の不動産を分析して顧客が市場価値を把握できるよう、以前のテナントや他の居住者の履歴を視覚化します。
  • 不動産の管理

    メンテナンスの改善

    最も近い家主やメンテナンス作業員をリアルタイムで簡単に割り当てられるため、修繕作業を調整して物件への訪問回数を減らすことができます。

    複数の物件を体系化

    自動レポートで物件への訪問内容を更新し、請負業者の効率性と不正行為を把握します。
  • 効率的なメンテナンス

    技術者の配置

    メンテナンスや修理が必要な場合、付近にいる技術者を特定して配置できます。

    修理時間の改善

    メンテナンスや顧客の情報を 1 か所にまとめて表示できるため、適切なカスタマー サービスを提供できます。
Google マップ上でのデータ表示

オフィスにいても現場にいても、社内の地理空間データにアクセスできるようになります。データは Google のクラウドに安全に保管されるため、いつでも地図にアクセスして、どこからでも共同作業を行うことができます。

(レイヤ上にカーソルを合わせてください)

 

資産

現在のリスティング、代理店の場所、オフィスの場所などの資産を 1 か所にまとめて表示します。

 

画像

新しい建物の構内図や開発計画など独自の画像を追加できます。

 

データ

不動産の売上データ、土地区画情報、不動産プロジェクトなどのデータを地図に表示します。

 

サードパーティのデータ

地域サービス(学校、病院、公園)、犯罪率、街区などのサードパーティ データを活用できます。

 

Google Maps

Google マップを使って意思決定のプロセスと業績の改善を図る方法について詳しくは、Google のセールス コンサルタントにお問い合わせください。

お問い合わせ プランを見る