Google マップと顧客データ / 業務データを組み合わせると、
次のようなことができます。
  • 販売・マーケティング

    新規顧客の獲得

    効果的なターゲット マーケティング データとアナリティクスにより、売上と収益が向上します。

    市場成長の特定

    カバレッジ データ、ライセンス領域、顧客情報を含めて地図を作成することにより、新たな市場機会を獲得できます。

    マーケティング戦略の向上

    統計分析とマーケティング分析を実施して、現在のキャンペーンの効果を判断します。
  • モバイル ワーカーの管理

    合理化とコーディネート

    顧客サービス担当者を配置し、現場からの距離に基づいてサービス オーダーを割り当てます。

    スケジュール設定のカスタマイズ

    会社、顧客、サービス エリアに基づいて車両配置と経路設定システムを最適化することにより、効率性を高めます。

    メンテナンスと修理の改善

    より高速な検索と簡単なデータ共有により、リアルタイムですべての設備と技術者を配置します。
  • 建設・施行計画

    モデリングと設計の改善

    新しい設備の建設を行う際、GIS を使用して高精度なモデルと設計図を作成します。

    プロジェクトの合理化

    データの収集、モデリング、プロジェクトのコーディネートなど、複数のプロセスを使用しながらデータを簡単に統合します。

    環境管理

    規制区域に影響を与えずに、施工区域の環境規定を監視、遵守します。
  • ネットワーク計画

    予測計画

    問題領域を特定し、ネットワーク シナリオを可視化することにより、より確実な意思決定を行います。

    ネットワークを監視

    ネットワーク圏をより正確に把握できるため、マネージャーや営業担当者は担当地域を決めやすくなります。

    規制遵守の向上

    必要な規制要件に関する情報を簡単に分析し、政府機関と共有します。
Google マップ上でのデータ表示

オフィスにいても現場にいても、社内の地理空間データにアクセスできるようになります。データは Google のクラウドに安全に保管されるため、いつでも地図にアクセスして、どこからでも共同作業を行うことができます。

(レイヤ上にカーソルを合わせてください)

 

資産

現場のチーム、インフラ、設備などの資産を 1 か所にまとめて表示できます。

 

画像

航空写真やカバレッジ エリアなど独自の画像を追加できます。

 

データ

カバレッジ、登録、売上などに関するデータを地図に表示します。

 

サードパーティのデータ

地形や標高などのサードパーティ データを活用できます。

 

Google Maps

Google マップを使って意思決定のプロセスと業績の改善を図る方法について詳しくは、Google のセールス コンサルタントにお問い合わせください。

お問い合わせ プランを見る