対話型のデモ

スタッフの追跡や配置、迅速で効率的な状況対応、顧客への最新情報の発信を実現する、具体的な方法をご確認ください。以下のデモを選択すると、Google マップでの実際の操作をご体験いただけます。

物流やルートに関するデータを Google マップと組み合わせると、次のようなことができます。
  • ルートの最適化

    効率的な計画設計

    ルートの計画をより迅速に行え、ガソリン消費量、距離、交通状況などに基づいて計画を調整することができます。

    配送車両の調整

    過去と現在の交通状況に基づいて最適なルートを取得できます。

    顧客サービスの向上

    到着時間を改善し、ドライバーの位置情報を把握できます。
  • 人員配置の最適化

    人員と車両配置の最適化

    GPS 搭載デバイスを使用して、ドライバーと車両の位置情報を簡単に確認することができます。

    モバイル チームの管理

    地図上にジョブとモバイル ワーカーを表示したり、移動時間を予測したりできるため、最適な人員配置を実現できます。

    意思決定の向上

    地図上に表示されたデータの傾向とパターンを見ることにより、より確かな意思決定を行うことができます。
  • 交通状況をリアルタイムで確認

    移動時間の算出

    ドライバーが出発する前に、過去の時間ごとや曜日ごとのデータに基づいて移動時間を予測できます。出発時刻に現在より先の時刻を指定して、今後の計画を立てることもできます。

    交通状況の監視

    効率性を高めるために交通状況を監視してルートを計画し、交通量の多い地域を必要に応じて迂回することができます。

    ドライバーに最新情報を通知

    ドライバーに最新の交通情報を送信することで、現在の交通状況に基づく最適なルートを提供できます。
  • 供給網の管理

    監視性能の向上

    オペレーション スタッフは、インバウンドの配送をリアルタイムで簡単に追跡、分析することができます。

    情報の視覚化

    地図上に出荷情報を表示することにより、直販業者の供給網の可視性を向上させることができます。
Google マップ上でのデータ表示

オフィスにいても現場にいても、社内の地理空間データにアクセスできるようになります。データは Google のクラウドに安全に保管されるため、いつでも地図にアクセスして、どこからでも共同作業を行うことができます。

(レイヤ上にカーソルを合わせてください)

 

資産

トラック、配送車両、緊急対応担当者などの資産を一か所で確認できます。

 

画像

Google マップ上に独自の画像を表示して、カスタマイズされたソリューションを作成できます。

 

データ

配送車両の位置情報や配送状況に関する最新情報をリアルタイムで取得できます。

 

サードパーティのデータ

トラックの属性や気象情報などのサードパーティ データを活用できます。

 

Google Maps

Google マップを使って意思決定のプロセスと業績の改善を図る方法について詳しくは、Google のセールス コンサルタントにお問い合わせください。

お問い合わせ プランを見る