インフラストラクチャや各種事業のデータを Google マップと組み合わせると、次のようなことができます。
  • 安全性とコンプライアンスの維持

    リスクの評価

    より簡単かつ正確にリスク モデルを作成し、インフラストラクチャを分析、改善できます。

    コンプライアンスの確保

    パイプラインなどのインフラストラクチャを正確に地図上に表示して、コンプライアンスや高リスク地域の影響を評価できます。

    作業内容の文書化

    政府やその他の緊急対応組織と GIS データベースの情報を迅速に共有することにより、緊急時に大勢の人をサポートすることができます。
  • サービス停止の管理

    変化をリアルタイムで監視

    全社員がアクセス可能なデータで運営内容を把握し、より迅速かつ簡単に決定を下すことができます。

    現場チームのコーディネート

    可視性が高く、チームの現在地や作業内容を瞬時に把握できるため、作業をシームレスにスケジュールすることができます。

    顧客に最新情報を提供

    サービス停止に関する最新情報を顧客に常時提供することができます。
  • 植生管理

    成長を監視

    カスタマイズしたデータをアップロードして、パイプライン付近の植物の成長を監視します。

    モデルの作成

    何千キロにもわたる回廊地帯の植物群落の成長に関する計画も作成できます。

    現場チームのコーディネート

    チームの現在地と作業内容に関する最新の情報を提供します。
Google マップ上でのデータ表示

オフィスにいても現場にいても、社内の地理空間データにアクセスできるようになります。データは Google のクラウドに安全に保管されるため、いつでも地図にアクセスして、どこからでも共同作業を行うことができます。

(レイヤ上にカーソルを合わせてください)

 

資産

変電施設、発電施設、送電線などの資産を統合して表示します。

 

画像

パイプライン回廊、植物群落、画像解析などの独自画像を追加できます。

 

データ

パイプライン圧力や変電施設の状態、モバイル ワーカーの現在地などを含め、資産をリアルタイムで監視します。

 

サードパーティのデータ

地方自治体の画像、航空写真、衛星画像などのサードパーティ データを活用できます。

 

Google Maps

Google マップを使って意思決定のプロセスと業績の改善を図る方法について詳しくは、Google のセールス コンサルタントにお問い合わせください。

お問い合わせ プランを見る