Google Search Appliance 7.6

Google 検索アプライアンスは、Google の検索テクノロジーと、現在のビジネス要件に合う機能の両方を搭載したオールインワンの製品です。

データの検索がこれまで以上に簡単に

メタデータによる並べ替え

作成者、日付、価格、その他の属性で検索結果を並べ替えます。多数の検索結果を簡単に絞り込み、必要な情報をすばやく見つけることができます。
詳細

ワイルドカード検索

正確なスペルがわからない場合や、類似した言葉を一度に検索したい場合は、何文字か入力した後に「?」や「*」などのワイルドカード文字を入力します。GSA が空白を埋めて、検索結果を返します。
詳細

エンティティ認識

日付、作成者、製品の種類などの属性をドキュメントから抽出してコンテンツを構造化します。GSA ではエンティティをテストして、ニーズに合うように調整できます。
詳細

スペルチェックと類義語

入力した単語の一般的なスペルを自動表示したり、類義語も自動的に含めて検索するので、より関連性の高い結果が得られます。
詳細

翻訳

ドキュメントを 70 以上の言語に翻訳できます。検索結果ページも各ユーザーの設定言語に翻訳されます。
詳細

自己学習型スコア機能

ユーザーの動作から学習して適応し、使えば使うほど検索結果が改善します。他のリンクよりもクリックされる回数が多いリンクは、自動的に上位に表示されるようになります。
詳細

エキスパート検索

関連キーワードで検索して、組織内の専門スタッフを検索できます。GSA が SharePoint や LDAP などのプロフィール レポジトリをクロールして専門スタッフを特定します。
詳細

ユーザーによる検索結果の追加

特定のキーワードの検索結果を追加することで、検索機能をさらに強化できます。指定したドキュメントが、そのキーワードの検索結果で上位に表示されます。
詳細

ドキュメントのプレビュー

正確なプレビューを表示できるので、どのドキュメントを選択するかを判断するのに役立ちます。プレビューはどのデバイスでも表示でき、外部のアプリケーションやブラウザ プラグインは不要です。
詳細

オートコンプリート

検索語句を入力し始めると、Google.co.jp と同様に関連性の高い候補が表示されます。語句を最後まで入力しなくても、よく使用されるクエリのリストから選ぶことができます。
詳細

ダイナミック ナビゲーション

作成者、日付、場所などのコンテンツ属性に基づいて検索結果を絞り込むことができます。独自のビジネス ニーズに応じてカスタム カテゴリを作成することもできます。
詳細

コレクション

コンテンツをコレクションに分類することができます。コレクションの数に制限はありません。関連性のないドキュメントを排除しなくても、正確な結果を得ることができます。
詳細

職場での Google

検索をよりスマートに

Google.co.jp と同様に、幅広い類義語検索やインテリジェントなスペルチェックにより、関連性の高い検索結果を提供します。

多言語に対応

デンマーク語からトルコ語、タイ語まで、20 以上の言語に対応しています。

入力内容から候補を表示

Google.co.jp のユーザーにはおなじみのオートコンプリート機能で、入力された検索語句と関連性の高いクエリ候補を表示します。


きわめて高い関連性

社員の知識を活用

ユーザーが自分の専門知識を活かして自身の選んだ検索結果を検索クエリに追加できます。これにより、特定のキーワードに対して関連性の高い結果を確実に上位に表示させることができます。

自動的に微調整

ユーザーの動作や好みを分析して「経験から学習」する機能があるため、使えば使うほど、表示される結果の関連性が高くなります。

常に進化

数十億の検索クエリから学習して進化し続けるという、Google.co.jp のテクノロジーのメリットを享受できます。


セキュリティ保護検索

アクセス制御を遵守

アクセス制御リストまたは除外ルールの定義に従って、各ユーザーがアクセスできる結果だけを表示します。

ユーザー認証をより迅速かつ容易に

Kerberos、NTLM、LDAP、x.509 証明書、SAML 2.0 などのセキュリティ プロトコルをサポートしており、ID 管理システムやシングル サインオン システムとの統合が容易です。

情報を安全に一元管理

適用されているセキュリティ ポリシーを遵守しつつ、1 つのアクセス ポイントから複数のデータソースのコンテンツを検索できます。


ユニバーサル検索

あらゆる場所のあらゆる情報を検索

SharePoint、Documentum、LiveLink、FileNet、Lotus Notes、ファイル共有、データベースなど、コンテンツの場所にかかわらず、すべてのコンテンツをインデックスに登録して検索できます。

あらゆるファイル形式に対応

Office、WordPress、Lotus、PDF ファイルなど、220 ものファイル形式を検索できます。

あらゆるデバイスからアクセス

パソコンからでも、携帯電話やタブレットからでも、組織の共有知識にアクセスして、関連性のある同じ検索結果を得ることができます。


無限の拡張性

コンテンツのサイズに対応

必要に応じて G100 アプライアンス(2,000 万件のドキュメント)または G500 アプライアンス(1 億件のドキュメント)の数を増やして、あらゆるサイズのデータ レポジトリに対応できます。

コストを透明化

インデックスに登録したドキュメントの数に基づくシンプルな価格設定のため、隠れたコストやライセンス モジュールはありません。

データを統合

自分のデスクからでも出張先からでも、すべてのコンテンツを一貫した方法で検索できます。


管理

  • 信頼されているアプリケーション
    GSA は、検索要求の送信時に事前検証済みの ID を一緒に送信することができます。このため、別途ユーザー確認を行わなくても、セキュリティで保護された検索結果を返すことができます。
    詳細
  • Admin console
    ウェブベースの管理インターフェースで GSA を設定できます。
    詳細
  • バージョン マネージャ
    バージョン マネージャで新しいバージョンを管理することにより、GSA を最新の状態に保ちます。そのため、最新の拡張機能を利用しやすくなります。
    詳細

リソース

  • Google 検索アプライアンスのドキュメント
    Google 検索アプライアンスの機能とメリットの一覧です。
    GSA のドキュメントを見る
  • 情報化効率の最大化
    Google Enterprise Search テクノロジーを使って情報化効率を最大化する方法を紹介します。
    ダウンロード